皮下脂肪を減らす方法や食べ物|漢方薬やサプリメントも紹介

*

腹部の皮下脂肪を減らす方法はある?

皮下脂肪は様々なところに付きますが、その中でも腹部についた皮下脂肪は減らすのが難しいと言われています。
腹部の皮下脂肪を効率良く減らす方法について記述していきます。
腹部の皮下脂肪を減らす方法の基本は、有酸素運動と筋トレです。
腹部の脂肪を減らすというと、腹筋運動をすれば良いのではないかと考える人も多いかもしれませんが、腹筋運動をしただけでは高い効果を得ることは出来ないでしょう。
これは、運動をした部位だけの脂肪を落とす方法は無く、どのような方法でも部分痩せは難しいためです。
そのため、運動を行なうという場合には、ウォーキングなどの有酸素運動を行なった上で、腹筋運動などの筋トレを行なうようにしましょう。
なお、腹筋運動だけではなく、スクワットなどの下半身運動を行なう際にも、腹筋を意識しながら行なうことで、筋力アップを見込むことが出来ます。
筋トレを最初に行なうことで、成長ホルモンが分泌されるため、脂肪を燃焼されやすくなります。
そのタイミングで有酸素運動を行なうことで効率良く脂肪を減らすことが出来ます。
腹部の皮下脂肪が気になる場合には、日頃の生活の中で正しい姿勢を心掛けるなど、腹筋に力を入れる事を意識をするようにしましょう。

img01

皮下脂肪を減らす食事の際の食べ物は?

皮下脂肪を減らす効果がある食事の際の食べ物は、多くあります。以下説明致します。
まず、日常の食事で良く食べられる食材である食物繊維が豊富なキャベツ等です。
食物繊維の働きは、一緒に食べた脂肪分を吸着して、体内に吸収させずに体外に排出させる効果があります。
新規に脂肪が増えなければ、現在ある皮下脂肪を減らす事ができます。食物繊維は、キャベツの他、海藻類やおやつに最適な寒天等も豊富です。
次に、青魚も良いです。青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)が含まれます。EPAは中性脂肪・コレステロールを抑える効果があります。
その事により、血行を良くします。血行が良くなると、体温が上がり基礎代謝があがります。
基礎代謝が上がれば、体内のエネルギー貯蔵庫である皮下脂肪は燃焼されます。トマトも良いです。
トマトにはリコピンが含まれていますが、リコピンは血糖値を下げて、中性脂肪・コレステロールを抑えます。
血糖値が下がれば、体内に脂肪がたまりにくくなりますし、中性脂肪・コレステロールを抑えれば、血行が良くなり、基礎代謝が上がります。
このような、日常の食事の際に良く食べられる、キャベツ・海藻・寒天・青魚・トマト等の食べ物は皮下脂肪を減らす効果がある食べ物です。

img02

運動は筋トレがいい?

脂肪の中でも減らすのが難しいといわれる皮下脂肪ですが、筋トレは効果的な運動になるのでしょうか?
長期にわたって消費されなかったエネルギーが溜まったものが皮下脂肪なので、ただやみくもにダイエットを頑張ってもなかなか減らすことはできません。
すぐに結果が出にくいので諦めてしまう人もいますが、脂肪には変わりありませんので、やり方次第で落とすことはできます。
皮下脂肪は貯蓄されたエネルギーなので、食事制限をしても簡単には減らすことはできません。過度な食事制限は体にも良くありませんので、運動を取り入れるようにしましょう。
そこでよく挙げられるのが筋トレです。皮下脂肪を落とすときに良い運動といわれていますが、それは何故でしょうか?
筋トレをすると筋肉が増えていきます。体の筋肉量が増えると基礎代謝を上げることができるのです。
筋トレという運動自体には皮下脂肪を落とす効果はあまり期待できませんが、筋肉を増やすことで、普段の生活をするだけでカロリーの消費量を増やせるというわけですね。
筋肉がつきすぎるのが気になる場合は、体の内側の筋肉=インナーマッスルを鍛えると良いでしょう。
筋トレに加えて有酸素運動も取り入れれば、カロリーの消費量もますますアップしますよ。

img03

男性と女性で皮下脂肪を減らす方法とは?

男性と比べて女性のほうが皮下脂肪が付きやすいと言われています。では、女性と男性の皮下脂肪の減らし方に違いはあるのでしょうか。
皮下脂肪を減らす方法は女性でも男性でも同じですが、男性の場合は女性と比べて内臓脂肪が付きやすく、内臓脂肪は運動などをすれば減らすことが簡単と言われています。
皮下脂肪は、運動や食事制限を行なうことで減らすことは出来ますが、内臓脂肪を減らす場合と比べると時間が掛かることが多いようです。
効率良く減らすためのポイントは、運動の種類にあります。
運動には、筋トレなどの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動の2つのタイプがありますが、オススメなのは有酸素運動です。
筋トレを行なうという場合には、有酸素運動の前に行なうことで、脂肪が燃焼しやすい状態になります。
食事制限だけで脂肪を減らそうとすると、筋肉までもが分解されてしまい、痩せにくく太りやすいという体質になってしまう可能性があります。また、リバウンドのリスクもあります。
そのため、時間をかけずに短期間で一気に減らそうとするよりも、運動や食事制限を取り入れ、時間をかけてゆっくりと減らしていくということが理想的な減らし方であると言えます。

img04

皮下脂肪を減らす漢方薬の使用期間は?

皮下脂肪を減らす漢方薬を、どれくらいの期間使用すれば良いのかは人それぞれ違います。
というのも、皮下脂肪がどれくらい人体についているのか、単に減らす事以外にも、使用する事により将来的に体内に脂肪が付くことを予防し、減らす目的かによって違います。
使用していて人体に副作用が出ない場合には、できるだけ長期間飲み続けた方が皮下脂肪対策には良いです。
但し、漢方なので医者が処方する薬よりは効果は期待できません。
主に体質改善的効果があるのが漢方薬なので、体質改善して脂肪が燃焼され、効果が実感できる期間の目安は、最低1か月以上必要です。
主に、皮下脂肪を減らす効果がある漢方薬は、血行を良くしたり・脂肪・糖質の分解を助けたり・便通改善する効果が期待できます。
先に説明しました通り、効果がサプリメントより強く、薬よりは弱い事が多いので、効果の実感には最低1か月以上は必要です。
そもそも脂肪の中でも皮下脂肪のエネルギーは消費されにくい事で有名です。体内のエネルギー貯蔵庫とも言われます。
1-2週間の短期間で漢方薬の効果を実感できないのは当然なので、根気強く漢方薬を使用して脂肪を減らす必要があります。
長期間使用の際に体調が悪くなる場合があるので、その場合には医師か薬剤師に相談する事が必要となります。

img05

皮下脂肪を減らすサプリメントとは?

皮下脂肪を減らす効果があるサプリメントを使用する場合の注意点は、1、使用量を守る。2、服用する飲み物を色々な物で飲まない。3、効果がすぐ出ないからと言って諦めない。4、サプリメント以外の方法も併用する事の4つです。
使用量が適切でなくてはいけません。使用量が少ない場合には効果が完全ではありませんし、使用量が多い場合には体内にどんな影響があるか分かりません。
使用量は適切な量で摂取する事が大切です。服用する場合の飲み物も大切です。
というのも、水やぬるま湯以外の場合には、効果を弱くしてしまったり、逆に効果が高くなりすぎたりする場合もあります。
緑茶・ほうじ茶等、一見安心そうな飲み物でも、効き目が不確定になってしまう場合がありますので、原則、水かぬるま湯で服用しないといけません。
また、サプリメントの皮下脂肪を減らすという効果は医師が処方する薬ではないので、劇的な効果がある物ではありません。
すぐに皮下脂を減らす効果が確認できなくても、根気強く服用する必要があります。最低でも3か月程度は服用しないと効果は実感しにくいです。
最後に、サプリメントにだけ頼らない事も大切です。先にも説明しました通り、効果は医師の処方した薬に比べたら効き目が基本マイルドです。
他の皮下脂肪を減らす方法と組み合わせる事が大切です。

img06

皮下脂肪を減らすのにおすすめの方法は?

皮下脂肪を減らす方法は本当に様々なものがあります。
漢方薬についても紹介しましたが、その中でも生漢煎「防風通聖散」というものが話題になっています。
生漢煎「防風通聖散」はとても飲みやすくて、皮下脂肪を減らしたいなら、利用してみる価値があります。
もっと色々と知りたいなら、参考サイトを見てみてくださいね。